1. HOME
  2. Blog
  3. Blog
  4. 金融業界がどのようにクラウドでセキュリティを維持しているか

Info.

お知らせ

Blog

金融業界がどのようにクラウドでセキュリティを維持しているか

2019年10月30日、Chris Hill

銀行は、わずか数年前は、クラウドに不安を感じていましたが、現在は、間違いなく、ガートナーが幻滅の段階と呼んだ時期を経て、クラウドがもたらす大きな価値を理解しています。また、PSD2(Revised Directive on Payment Services)の実施、フィンテック企業の増加、およびブロックチェーンテクノロジの出現によって、クラウドが将来の成功への実行可能な道になる可能性があることを認識しています。

実際、金融業界向けの最新のNutanix Enterprise Cloud Indexレポートによると、金融機関のハイブリッドクラウドの使用率は、21%であり、世界平均の18.5%を上回っています。

間違いなく、現在は金融業界にとって転換期ですが、クラウドの導入に関するデータの分類とセキュリティに対する規制上の煩雑な手続きの増加は依然として主要な問題です。具体的に言うと、多くの銀行は、どのような情報をプライベートクラウドに保存する必要があるか、どのような情報をパブリッククラウドに保存できるか、さまざまなデータ層をどのように保護する必要があるか、および誰が機密データに最終的な責任を負うかを理解しようとしていますが、苦慮しています。規制と攻撃が増大するにつれて、このような問題も急増します。

バラクーダのソリューション

バラクーダは、金融業界のお客様の問題に耳を傾けており、セキュリティリソースを割り当てる方法について心配せずにクラウドリソースを使用する方法を世界中の銀行に提供することの重要性を理解しています。このため、バラクーダのセキュリティソリューションはMicrosoft AzureのAzure Security Centerの一部として提供されています。また、クラウド向けに設計されており、動的なスケーリング、APIベースの設定、Azure Active DirectoryおよびAzure App Serviceとの統合を実装しています。

バラクーダのMicrosoft Azure対応のソリューションの一つはBarracuda Web Application Firewall for Azureです。このスケーラビリティの高いセキュリティソリューションはデータ侵害、改ざん、OWASP Top 10、アプリケーションレイヤDDoS(分散サービス拒否)などの自動的な標的型攻撃からアプリケーションを保護します。

Barracuda CloudGen Firewall for Azureはアプリケーションとユーザを最大限に可視化して接続を保護する強力な次世代ファイアウォールです。金融業界のお客様は、セキュアで複層的なアーキテクチャをMicrosoft Azureに構築して、最適なセキュリティを確保する複数の層を常に分割できます。

Barracuda Cloud Security Guardianはパブリッククラウド内のセキュリティポリシーコンプライアンスを自動化するソリューションです。このソリューションは、分散クラウド環境を可視化するだけでなく、クラウド環境のコンプライアンスを確保します。また、インフラストラクチャを常にスキャンして、誤設定を検出し、セキュリティのベストプラクティスを積極的に適用し、違反をリスクになる前に自動的に修復します。

バラクーダは、お客様に対する安心感と親密感が認められて、Microsoft Azure Certified ISV Solution Partner of the Yearを受賞しました。この受賞はバラクーダのパブリッククラウドへの取り組みの強化およびマイクロソフトとの関係の強さを証明するものです。マイクロソフトとバラクーダは、お客様がクラウドを最大限に使用するだけでなく、必要なセキュリティと管理を維持することもできるように、可能なかぎり最適な経験を提供する新しいソリューションを引き続き共同で設計、構築、および計画します。

原文はこちら:

How financial services can stay secure in the cloud

October 30, 2019 Chris Hill

https://blog.barracuda.com/2019/10/30/financial-services-secure-cloud/

Related posts