1. HOME
  2. Blog
  3. Blog
  4. Barracuda CloudGen WANとは

Info.

お知らせ

Blog

Barracuda CloudGen WANとは

トピック: Microsoft AzureネットワークおよびアプリケーションセキュリティSD-WAN(Software Defined Wide Area Network)

2020年7月16日、Mike Goldgof

ネットワーク境界は変化しており、企業は適応できる必要があります。ガートナーによると、企業のネットワーク境界は、場所ではなくなっており、クラウドからサービスとして必要に応じて提供される動的エッジ機能です。

多くの企業は、この変化に対応するために、SD-WAN(Software Defined Wide Area Network)に移行しています。バラクーダの最近のレポートである「セキュアなSD-WAN(Software Defined Wide Area Network): クラウドへの出発点」によると、パブリッククラウドにセキュリティを導入している企業の半数以上がSD-WANを使用しています。

Barracuda CloudGen WANはAzure Virtual WANハブ内で動作する最初のSD-WANソリューションです。ハブはマイクロソフトのグローバルネットワークで相互接続できます。このネットワークアーキテクチャは高コストで柔軟性の低いネットワーク接続回線に代わる可能性があります。また、ネットワーク全体を現在のトラフィックワークロードに応じて動的にサイジングできるため、ネットワークパフォーマンスを最適化し、コストを最小限に抑制できます。

クラウド上にネイティブに構築されたセキュアなSD-WANサービスは、専用線ではなく、マイクロソフトのグローバルネットワークをWAN(ワイドエリアネットワーク)バックボーンとして使用するために、使いやすさ、十分なセキュリティ、およびクラウドスケーラブルなSD-WAN接続を組み合わせて実装しています。この新しいBarracuda CloudGen WANは、必要なかぎり多くの地域向けにAzure Marketplaceから直接導入され、すべてのオフィスの場所とリモートエンドポイント向けにBarracuda CloudGen WANポータル内で中央管理されるSaaS(Software as a Service)サービスです。マイクロソフトのグローバルネットワークはいつでもどこでもアプリケーションにアクセスするためのバックボーンとして自動的にプロビジョニングされるため、サービスプロバイダは実用的なSASE(Secure Access Service Edge)ソリューションを特定のニーズに応じてパブリッククラウド内に構築できます。

ネットワークアーキテクチャの問題

企業は、サービスとデータセンターをパブリッククラウドに移行していますが、セキュリティ、インフラストラクチャ、およびネットワークの移行では遅れをとっています。企業は、このような問題に対処するために、下記のネットワークアーキテクチャに依存しています。しかし、このようなアーキテクチャには下記の欠点があります。

  • 自社のデータセンターによるトラフィックのバックホール: 待機時間が増加すること、クラウドアプリケーションが中断すること、契約期間が長く柔軟性が低いこと、どこでも実行できるわけではないこと、および高コストになる可能性があること。
  • SD-WANへの移行: 導入が複雑で困難であること、手動で管理されるSD-WANゲートウェイをパブリッククラウドに導入する必要があること、および導入を適切に行わない場合にセキュリティの問題が生じる可能性があること。また、多くのソリューションにはSD-WANソリューションとセキュリティアプライアンス/クラウドサービスの両方が必要であるため、コストと管理オーバーヘッドが高くなること。
  • 通信会社またはISP(インターネットサービスプロバイダ)が提供するセキュアなSD-WANへの移行: 上記のすべての問題がサービス料金に隠れていること、および新しい場所を迅速に作成および拡大する柔軟性がないこと。
  • SASEソリューションへの移行: ガートナーの造語であるSASEはネットワークセキュリティ機能であるSWG(Secure Web Gateway)、CASB(Cloud Access Security Broker)、FWaaS(Firewall as a Service)、およびZTNA(Zero Trust Network Access)をWAN機能(つまり、SD-WAN)と組み合わせたものである。基本的に、自社のデータセンターではなく、SASEプロバイダのデータセンターへのMPLS(Multi Protocol Label Switching)によるバックホールに類似している。通常、SASEプロバイダはMicrosoft Azureを使用していないため、Microsoft Azureに送信されたすべてのトラフィックがサードパーティのパブリッククラウドサービスによってルーティングされ、待機時間とポリシーコンプライアンスの問題が生じる可能性がある。マイクロソフトのグローバルネットワークをWANバックボーンとして自動的に使用することはできない。

Barracuda CloudGen WANの機能

Barracuda CloudGen WANによってクラウドホスティングリソースと導入しやすいセキュアなSD-WANに迅速でセキュアにアクセスする方法については、このクイックデモビデオをご確認ください。

Barracuda CloudGen WANの詳細

原文はこちら:

What is CloudGen WAN?

July 16, 2020 Mike Goldgof

https://blog.barracuda.com/2020/07/16/what-is-barracuda-cloudgen-wan/

Related posts