1. HOME
  2. Blog
  3. Blog
  4. 今すぐ知る必要がある13タイプのメール攻撃

Info.

お知らせ

Blog

今すぐ知る必要がある13タイプのメール攻撃

トピック: メール保護Barracuda Sentinel

2020年5月1日、Anne Campbell

FBI(米国連邦捜査局)のIC3(米国インターネット犯罪苦情センター)によると、サイバー犯罪によって、2019年だけで35億ドルの損害が生じており、BEC(ビジネスメール詐欺)が最も破壊的です。ただし、この損害は報告されている攻撃に限られています。昨年、IC3は合計467,361件、1日1,300件以上の苦情を受けました。しかし、報告されていない攻撃が多いため、実際の合計ははるかに多い可能性が高いです。

企業はこのような損害の大きい破壊的な攻撃をどのように防止できるでしょうか。現在の急速に進化する環境では、従来のメールゲートウェイソリューションは、ビジネスを保護するには、もはや不十分です。ネットワークに侵入し、大規模な損害を及ぼすために、スプーフィング、ソーシャルエンジニアリング、詐欺などのバックドア技術を悪用して、セキュリティをバイパスできる場合が多い高度なメール攻撃を効果的に防止する必要があります。

ますます複雑化する攻撃の防止

バラクーダは、セキュリティゲートウェイをバイパスするように設計された高度なものを含む主要なすべてのメール攻撃からビジネスを保護するために、新しい電子書籍である13 Email Threat Types to Know About Right Nowをまとめました。この電子書籍では、さまざまな主要な攻撃、および攻撃を防止するセキュリティポスチャの強化方法について詳細に説明しています。

現在、企業は複雑性、件数、およびビジネスと従業員に及ぼす影響がさまざまに異なるメール攻撃に直面しています。攻撃者は複数の技術を組み合わせる場合が多いため、攻撃の防止はさらに困難になっています。たとえば、多くのスパムメールにはフィッシングURLが添付されており、乗っ取られたメールアカウントは通信詐欺に悪用される場合が多いです。このような攻撃の性質と特性を理解すると、ビジネス、データ、および従業員を最大限に保護できます。

上記の電子書籍は現在のさまざまな進化するメール攻撃について詳細に説明しています。内容はリスク、ビジネスへの影響、およびAI(人工知能)とAPI(アプリケーションプログラミングインターフェース)ベースのメールボックス保護によって、メールゲートウェイの欠陥に対処し、メールを攻撃から包括的に保護する方法です。

重要な点は下記の方法です。

  • スプーフィング、ソーシャルエンジニアリング、詐欺などのバックドア技術を悪用して、セキュリティをバイパスし、大規模な損害を及ぼす可能性がある高度なメール攻撃を防止する。
  • テクノロジソリューションとセキュリティ意識トレーニングを適切に組み合わせて、メールボックスレベルで従業員を保護する。
  • 多層的なセキュリティ戦略によってメール攻撃への脆弱性を徹底的に軽減し、ビジネス、データ、および従業員をさらに保護する。

電子書籍を今すぐ無料で入手し、最新のすべての攻撃、データ、分析、およびソリューションを確認してください。

今すぐ無料で入手

原文はこちら:

eBook: 13 email threat types to know about right now

May 1, 2020 Anne Campbell

https://blog.barracuda.com/2020/05/01/13-email-threat-types/

Related posts