1. HOME
  2. ブログ
  3. Blog
  4. メール攻撃のタイプ: ラテラルフィッシング

Info.

お知らせ

Blog

メール攻撃のタイプ: ラテラルフィッシング

メール攻撃のタイプ: ラテラルフィッシング のページ写真 1

トピック: メール保護シリーズ: 今すぐ知る必要がある13タイプのメール攻撃スピアフィッシング

2021年2月12日、Christine Barry

最近の調査では、企業の7分の1がラテラルフィッシング攻撃を受けています。ラテラルフィッシングでは、攻撃者は、最近乗っ取ったアカウントを悪用して、受信者の連絡先にフィッシングメールを送信します。ラテラルフィッシングメールは、受信者がよく知っている正規のメールアカウントから送信されているため、成功率が高い傾向があります。

通常、ラテラルフィッシングは内部攻撃です。つまり、メールゲートウェイでは検出できない攻撃であるということです。メールゲートウェイではメールゲートウェイを通過する攻撃だけを検出できます。メールボックス保護のAPI(アプリケーションプログラミングインターフェース)は、ラテラルフィッシングなどの内部攻撃を防止し、メール配信後の修復を実行します。

原文のビデオはこちら

ラテラルフィッシングの約11%が、他のアカウントの乗っ取りに成功しており、さらに多くのラテラルフィッシングにつながっています。

ラテラルフィッシングはバラクーダの無料の電子書籍である「今すぐ知る必要がある13タイプのメール攻撃」で特定された攻撃の一つです。電子書籍をダウンロードし、このような攻撃の動作、および企業を保護する方法の詳細を学習してください。

電子書籍を入手

原文はこちら:

Email threat types: Lateral phishing

February 12, 2021 Christine Barry

https://blog.barracuda.com/2021/02/12/email-threat-types-lateral-phishing/

 

関連記事