1. HOME
  2. Blog
  3. Blog
  4. バラクーダの製造部門がどのように生産を継続しているか

Info.

お知らせ

Blog

バラクーダの製造部門がどのように生産を継続しているか

トピック: コロナウィルス(COVID-19)リモートワーク

2020年4月6日、Anne Campbell

コロナウィルス(COVID-19)の蔓延に対抗するために、人々は家にいることと社会的距離を保つことを求められているため、私たちは皆、ここ数週間で多くの変化に直面しています。それは弊社、バラクーダネットワークスも同様リモートでの勤務を要請されています。そうすることで、私たちはお客様のオンラインビジネスオペレーションを保護する革新的なメールおよびネットワークセキュリティソリューションを提供することで、世界をより安全な場所にするという使命を引き継ぐことができます。

ところで、バラクーダのハードウェアネットワークセキュリティ製品は米国カリフォルニア州サンノゼで製造されています。当然、この状況への対応は製造部門の従業員にとっては少し異なっています。

製造部門が、従業員を保護しながら、製造を引き続き円滑に行うために、どのように適応しているかについてさらに詳細に説明するために、バラクーダ、ワールドワイド製造業務担当SVP(シニアバイスプレジデント)、Ken Martinにインタビューしました。Martinは、製造部門が、この困難な時期にどのように協力し、回復力を維持しているかについて分析しました。

労働者を安全に保ちながら生産をスムーズに実行し続けるために@Barracudaの製造チームがどのように調整したかを詳しく見てください#COVID19

バラクーダ、ワールドワイド製造業務担当SVPKen Martinとの質疑応答

質問: 製造部門は現在の問題に備えるために何を行いましたか?

在宅勤務できる従業員は数週間前から在宅勤務しています。このような従業員は、非常に迅速に在宅勤務に移行できました。製造ラインは常に少し異なる方法で運営されています。準備を行うために、非常に早くから取り組みました。たとえば、マスク、消毒剤、手袋、入念な消毒を行うための用品を入手し、1月にこのような準備のプロセスを実施しました。従業員は出社について少し心配していますが、このような心配を軽減するための最適な方法は、特別な安全対策を実施し、従業員と率直に話し、従業員を安心させることだと思います。また、自分たちの仕事がお客様にとって非常に重要であることを従業員が理解していることを確認しています。

非常に早くから行ったもう一つの対策は、コロナウィルスの兆候と中国国内のサプライチェーンへの影響が見られ始めた時点で、この危機の前に、在庫を迅速に配置したことです。この対策は、製造部門が非常に好調なもう一つの理由であり、Suzanne Xuとそのサプライチェーン部門によるところが大きいです。また、このパンデミックが悪化する前に、在庫を増加し、基本的には、現状に備えることができるように、完成品の台数に数週間ぶんの在庫を追加しようとしました。

質問: あなたとチームの日々の状況はどのように変化しましたか?

製造部門は「50/50スケジュール」に移行しました。また、従業員の出社が必要になるという事実を認識しました。しかし、製造を遅くすることができる十分な余裕を取って在庫を配置したため、基本的には、1週間に出社する従業員は製造部門の半数です。このため、ある週は製造部門の半数、別の週は製造部門の残りの半数が出社しています。この結果、製造部門は2つのことを行うことができるようになりました。1つは、従業員が、5日間出社した後、9日間在宅勤務するため、健康を維持し、体調不良の従業員が出社して生じる感染のリスクを軽減できることです。もう1つは、1週間に出社する従業員が製造部門の半数であるため、すべての従業員が、間隔を空け、適切な社会距離戦略を維持できることです。

質問: 製造部門は問題にどのように対応していますか?また、どのように協力していると思いますか?

製造部門の仕事観は非常に興味深いです。製造部門には成功への情熱、意欲、および行動があります。製造部門は、成功を非常に真剣に考えており、手にしています。私は「さらに努力し、さらに多くの製品を製造する必要があります。」と言っていません。製造部門は「管理は、自分たちで行っています。心配は不要です。」と言っています。

質問: 製造部門は進行中のこの状況で意欲をどのように維持していますか?

製造部門は常に従業員に非常に注力してきました。従業員がオフィスで製造を行っているか、自宅でリモートワークを行っているかに関係なく、製造部門は安全と健康を重視しているため、心配は不要です。製造部門が非常に多忙であることがわかります。製造部門が多忙ではない場合、私は非常に心配すると思いますが、実際は多忙です。製造部門は先月末および先々月末と同様に忙しいです。このため、意欲と努力を維持しています。また、従業員の非常な努力を四半期賞与で評価しています。この評価によって、他の従業員が達成しようとする基準を設定しています。

私は、従業員に、体調不良の場合は、他の従業員がサポートするため、自宅にいるように伝えています。すべての従業員は協力しています。従業員が出社できない場合は、オフィスの他の従業員がサポートします。従業員が体調不良の間の給与について心配している場合は、製造部門が対処します。このため、製造部門は、従業員の心配を軽減しようとしており、従業員が行っているすべての積極的なことについて話しています。このような従業員は他の従業員と異なるため、製造部門はこのようなことについて常に話しています。

質問: 製造を引き続き円滑に行い、この混乱を最小限に抑制するために行っていることは他にありますか?

製造部門は、準備を行うために、前もって多くのことを行いました。リモートワークを行っている従業員は、これまでどおりまたは以上に努力していると思われます。エンジニアからサプライチェーン部門までが製造ラインを引き続き運営するために必要なすべてのことが行われていることを確認しています。製造部門は、市場で常に優位に立つための重要な地位を占めており、サプライチェーンに遅れないように、需要を維持しようとしています。このため、サプライチェーン部門は提供する製品があることを知ることができます。

先週は、毎日来て製造部門の業務の継続に必要な仕事をしているフェデックスのドライバーに感謝を伝えました。このようなことは、まさに製造部門の協力です。設備部門とIT部門から、製造部門が業務を継続できるように製造部門をサポートしている他のすべての部門すべてが非常にクールに思えます。

リモートワーカーの保護


原文はこちら:

An inside look at how Barracuda’s manufacturing team is carrying on

April 6, 2020 Anne Campbell

https://blog.barracuda.com/2020/04/06/an-inside-look-at-how-barracudas-manufacturing-team-is-carrying-on/

Related posts