1. HOME
  2. Blog
  3. 技術情報

Info.

お知らせ

技術情報

クラウドメールセキュリティの7つの利点 のページ写真 1

クラウドメールセキュリティの7つの利点

トピック: Barracuda Email Security Gateway、Barracuda Essentials、Barracuda Sentinel 2020年7月8日、Stephanie Cavigliano 現在、Office 365を使用するユーザは2億2,500万人以上です。マイクロソフトの最新の収支報告(2020年4月)によると、Office 365ユーザは、毎月、約350万人、増加しています。在宅勤務の従業員を増加する企業が増加するにつれて、この人数は引き続き増加する可能性が高いです。ほとんどの人はOffice 365がこれほど普及している理由をよく知っています。率直に言うと、簡単だからです。ハードウェアが不要であるため、余分な管理コストを削減できます。企業は、オプションのアドオン機能を含むさまざまなユーザごとのサブスクリプションモデルによって、Office 365環境を特定のビジネスニーズに合わせてカスタマイズできます。SharePointとMicrosoft OneDriveが追加されたため、ユーザコラボレーションが簡単になり、ユーザが自宅からでも協力して仕事を行うことができます。

Blog

バラクーダが2020 Microsoft Partner of the Year AwardsのCommercial Marketplace部門のファイナリストにノミネート のページ写真 2

バラクーダが2020 Microsoft Partner of the Year AwardsのCommercial Marketplace部門のファイナリストにノミネート

トピック: Barracuda CloudGen Firewall、Microsoft Azure、Barracuda Web Application Firewall 2020年7月13日、Anne Campbell 今日、バラクーダは2020 Microsoft Partner of the Year AwardsのCommercial Marketplace部門のファイナリストにノミネートされたことを発表しました。バラクーダは、マイクロソフトのテクノロジに基づくカスタマソリューションの革新と導入に優れた実績を示していることを理由に、マイクロソフトの世界中の主要なパートナーの一つとして評価されました。

Blog

頭字語で表されるクラウドセキュリティ のページ写真 3

頭字語で表されるクラウドセキュリティ

トピック: AWS(Amazon Web Services)、Barracuda CloudGen Firewall、データ保護、Microsoft Azure、ネットワークおよびアプリケーションセキュリティ、頭字語で表されるクラウドセキュリティ、Barracuda Web Application Firewall 2020年7月7日、Rich Turner クラウドが初期段階にあり、顧客が共有責任モデルに関する諸問題を理解し始めていた時期は、ファイアウォールセキュリティが完璧なセキュリティソリューションであると思われていました。次世代ファイアウォールとWAF(Webアプリケーションファイアウォール)はパブリッククラウドで実行されるWebアプリケーションおよびインフラストラクチャを保護するための主要なセキュリティ機能になりました。

Blog

データ損失による損害 のページ写真 4

データ損失による損害

トピック: バラクーダのバックアップサーバ、Barracuda Cloud-to-Cloud Backup、データ保護 2020年7月6日、Christine Barry すべての企業はビジネスの過程でデータを作成および収集します。データは従来の財務情報と取引情報だけではありません。企業は、デジタル変革によって、インターネットを検索し、Webサイトを閲覧するだけでなく、スマートフォンとIoT(モノのインターネット)デバイスで作成されたデータを活用することもできるようになりました。専門家は近い将来、デジタルユニバースのバイト数が星の数の40倍になると予測しています。

Backup

デジタル変革とセキュアなリモートアクセスに関するエキスパートによる分析 のページ写真 5

デジタル変革とセキュアなリモートアクセスに関するエキスパートによる分析

トピック: Barracuda CloudGen Firewall、デジタル変革、Microsoft Azure、リモートワーク 2020年7月1日、Christine Barry 現在の世界的なパンデミックによって世界中のワークフローとビジネス運営が混乱していることは間違いありません。電子商取引が急増しており、電子署名とリモート会議が新しい方法で導入されています。また、ギャラップの最近の調査によると、パンデミック関連の懸念によって、米国内の従業員の約10分の7がリモートワークを行っています。

Blog

Barracuda Threat Spotlight(バラクーダが注目する脅威): クリプトマイナーマルウェアの新しい亜種 のページ写真 6

Barracuda Threat Spotlight(バラクーダが注目する脅威): クリプトマイナーマルウェアの新しい亜種

トピック: マルウェア、ネットワークおよびアプリケーションセキュリティ 2020年6月25日、Erez Turjeman クリプトマイナーマルウェアGolangの新しい亜種がMicrosoft WindowsとLinuxの両方のマシンを攻撃しています。この亜種は非常に新しいため、攻撃の規模は小さいですが、バラクーダの調査担当者は、これまで、このマルウェアに関連付けられた中国を拠点とする7個の送信元IPアドレスを確認しています。この新しいマルウェアは、エンドユーザではなく、サーバを攻撃しています。

Blog

【CloudGen Firewallのウィルススキャン機能をご利用中のお客様へ】 ウィルス定義ファイル更新に関するご注意 のページ写真 7

【CloudGen Firewallのウィルススキャン機能をご利用中のお客様へ】 ウィルス定義ファイル更新に関するご注意

Barracuda CloudGen Firewallで、Malware Protection ライセンスを購入し、ウィルススキャン機能をご利用のお客様にお知らせ致します。ファームウェアバージョン7.2.5未満(v7.2系の場合)もしくは8.0.0(v8.0系の場合)をご使用中の機器では、スキャンエンジンとしてAviraを有効にされている場合、2020年7月31日以降、ウィルススキャンエンジン用の定期的な定義ファイル更新が利用できなくなります。 定義ファイル更新を継続するには、アップデートされたスキャンエンジンを含む・CloudGen Firewallバージョン7.2.5以降または・CloudGen Firewallバージョン8.0.1以降へのアップグレードを実施頂く必要がございます。 アップデートパッケージは、Barracuda Cloud Controlにログインの上、以下ダウンロードページより入手下さい。https://login.barracudanetworks.com/downloads/ng_downloads/ 各バージョンのリリースノートおよびアップグレードに関する注意点は、以下をご確認下さい。*****Release and Migration Notes*****https://campus.barracuda.com/product/cloudgenfirewall/doc/71862303/release-and-migration-notes/ ※アップグレードを実施しない場合でも、ウィルススキャン自体は停止しません。 既に管理ツール”Firewall Admin” ログイン時には、同様のメッセージがポップアップ表示される状態となっておりましたが、アナウンスが遅れましたことをお詫び申し上げます。 本件についてご質問・不明点がございます場合、ご契約のサポート窓口までお問い合わせ下さい。 以上

CloudGen Firewall

WAF(Webアプリケーションファイアウォール)が必要な理由 のページ写真 8

WAF(Webアプリケーションファイアウォール)が必要な理由

2020年6月23日、Christine Barry アプリケーションセキュリティは、見落とされているか、誤解されている場合が多いため、多くの企業は世界中の攻撃者から攻撃を受けやすいままです。ベライゾンの最新のDBIR(データ漏洩/侵害調査報告書)によると、Webアプリケーション攻撃は、過去1年間で倍増しており、DBIRで分析されたすべての攻撃の約43%に増加しています。また、すべての侵害の55%は組織犯罪、30%は内部攻撃に関連しています。

Blog

適切なデータ保護ソリューションを選択する場合は、コストを考慮し、ランサムウェアのリスクを軽減する のページ写真 9

適切なデータ保護ソリューションを選択する場合は、コストを考慮し、ランサムウェアのリスクを軽減する

トピック: バラクーダのバックアップサーバ、Barracuda Cloud-to-Cloud Backup、データ保護、ランサムウェア対策 2020年6月3日、Charlie Smith 私がエンジニアを始めた90年代、データ保護は非常に単純でした。つまり、ほとんどの場合は、接続しているテープドライブに日次のフルバックアップを書き込むようにスケジュールするだけでした。サーバごとのデータが比較的少なかったため、この方法はほとんどの企業にとって効果的でした。また、バックアップオペレータがこのようなテープをオフサイトまたは耐火金庫に保管することは簡単でした。

Backup

Barracuda Cloud Security Guardianがパブリッククラウドのセキュリティを強化する5つの方法 (3) のページ写真 10

Barracuda Cloud Security Guardianがパブリッククラウドのセキュリティを強化する5つの方法 (3)

トピック: Barracuda Cloud Security Guardian、Barracuda CloudGen Firewall、Microsoft Azure、ネットワークおよびアプリケーションセキュリティ、Barracuda WAF-as-a-Service 2020年6月18日、Rich Turner クラウドセキュリティに対処する場合は、クラウドワークロードを攻撃する可能性がある犯罪者およびその脅威と同様、社内のポリシーと慣習も検討する必要があります。2018年のガートナーの予測によると、2020年までに、クラウド侵害の80%の原因は、クラウドプロバイダによる脆弱性ではなく、ユーザによる誤設定、認証情報の不適切な管理、または社内の情報の盗み出しになります。今年はまだ途中ですが、この割合は着実に増加していると思われます。

Blog