1. HOME
  2. Blog
  3. 技術情報

Info.

お知らせ

技術情報

スピアフィッシングと「孫子(の兵法)」 のページ写真 1

スピアフィッシングと「孫子(の兵法)」

トピック: メール保護、Barracuda Essentials、スピアフィッシング 2020年6月12日、Christine Barry スピアフィッシングは世界中で急速に最新で最も危険なサイバー攻撃の一つになっています。数字は損害の計算方法と犯罪の分類方法によって異なりますが、IC3(米国インターネット犯罪苦情センター)のレポートによると、2018年の企業のフィッシング関連の損害は4800万ドル以上です。フィッシング攻撃に関連するBEC(ビジネスメール詐欺)、企業データ侵害などの犯罪を個別に分類すると、この数字ははるかに大きくなります。

Blog

メール攻撃のタイプ: 会話乗っ取り のページ写真 2

メール攻撃のタイプ: 会話乗っ取り

トピック: 会話乗っ取り、メール保護、Barracuda Essentials、Barracuda Sentinel 2020年6月11日、Christine Barry 会話乗っ取りはバラクーダの無料の電子書籍である13 email threat types to know about right nowで特定された高度な攻撃の一つです。簡単に言うと、この攻撃では、攻撃者が、信頼可能な送信元を偽装し、受信者とコミュニケーションします。Norfundに対する最近の攻撃では、この方法が複数回にわたって悪用されました。攻撃者は、Norfundの潜在顧客とのコミュニケーションパターンを理解するとすぐに、Norfundと顧客の両方を偽装できました。Norfundは顧客から偽装のメールとドキュメントを受信しており、顧客はNorfundから偽装のメールと説明を受信していました。Norfundは攻撃者の口座に1000万ドルを送金させられ、顧客は現在のパンデミックによって遅延したと通知された送金をじっと待たされました。

Blog

受信者が最も検出しにくい3タイプのメール攻撃 のページ写真 3

受信者が最も検出しにくい3タイプのメール攻撃

トピック: ブランドインパーソネーション、会話乗っ取り 2020年6月9日、Stephanie Cavigliano メールセキュリティポスチャの保護については、すべての企業が自問する必要がある問題があります。つまり、従業員が正規のメールとメール攻撃を区別する方法を知っているかということです。一部の企業はセキュリティアーキテクチャに多額の投資を行うことができますが、多くの企業はそうではありません。技術的なセキュリティポスチャは企業によって異なりますが、1つの共通点は従業員です。

Blog

Barracuda Backup 6.5.04 GA リリース のページ写真 4

Barracuda Backup 6.5.04 GA リリース

Barracuda Backupのファームウェア v6.5.04が、2020年6月11日にGAリリースされました。お早めのファームウェアアップデートを願いします。リリースノートは、GUIの[システム]→[ファームウェア設定]からご確認下さい。

Backup

メール攻撃のタイプ: スピアフィッシング のページ写真 5

メール攻撃のタイプ: スピアフィッシング

トピック: 13タイプのメール攻撃、メール保護、スピアフィッシング 2020年6月3日、Christine Barry 現在、スピアフィッシングは最も実行されている攻撃の一つです。機密情報へのアクセス、または送金を行うことができるすべての受信者が、この標的型メール攻撃を受ける可能性があります。すべての企業が、規模に関係なく、攻撃を受ける可能性があります。

Blog

Barracuda Threat Spotlight(バラクーダが注目する脅威): フォームベースの攻撃 のページ写真 6

Barracuda Threat Spotlight(バラクーダが注目する脅威): フォームベースの攻撃

トピック: メール保護、Barracuda Sentinel 2020年5月28日、Don MacLennan GoogleのWebサイトを悪用して受信者に認証情報を提供させる新しいタイプのブランドインパーソネーションが実行されています。このような攻撃は、2020年の最初の4か月で、すべてのスピアフィッシングの4%を占めており、バラクーダの調査担当者は、この期間に、このような攻撃を着実に検出しています。調査担当者は、攻撃者がこのような攻撃によって認証情報を盗み出すにつれて、この割合は増加すると予測しています。

Blog

Message Archiver ファームウェア 5.2.5.002 GAリリース のページ写真 7

Message Archiver ファームウェア 5.2.5.002 GAリリース

Barracuda Message Archiverのファームウェア5.2.5.002が2020年5月29日、GAリリースされました。お早めのファームウェアアップデートをお願いします。リリースノートは、以下をご確認下さい。 https://campus.barracuda.com/product/messagearchiver/doc/2490442/release-notes/

Message Archiver

ネットワークセキュリティポスチャの管理: クラウドのパラダイムシフト のページ写真 8

ネットワークセキュリティポスチャの管理: クラウドのパラダイムシフト

トピック: Barracuda Cloud Security Guardian、Microsoft Azure、ネットワークおよびアプリケーションセキュリティ 2020年5月13日、Vinayak Shastri 過去数年間にわたってクラウドコンピューティングへの移行が行われていますが、クラウドワークロードおよびアプリケーションを管理するスキルは需要に対応していません。Microsoft Azureのリリースから10年、およびGCP(Google Cloud Platform)とAWS(Amazon Web Services)のリリースから15年以上が経過した現在も、従来のオンプレミスの戦略によってクラウドのネットワークセキュリティを導入および管理する企業が存在します。この理由は何でしょうか。

Blog

攻撃者の視点から考える のページ写真 9

攻撃者の視点から考える

トピック: Barracuda PhishLine、Barracuda Sentinel、セキュリティ意識トレーニング 2020年5月14日、Dennis Dillman 攻撃者の目的と方法を調査することは、攻撃を防止することと矛盾していると思われるかもしれませんが、実際は非常に役立ちます。現在の脅威の状況では、常に逆の視点から考えること、つまり、攻撃者の目的を可視化し、直面する無数の仮定のシナリオより優位に立つために、攻撃者の思考プロセスと実際の方法を模倣する能力と欲求が必要です。

Blog

ビジネスのデジタル変革への取り組みを保護するには、コンプライアンスコストの削減が必要 のページ写真 10

ビジネスのデジタル変革への取り組みを保護するには、コンプライアンスコストの削減が必要

トピック: Barracuda Cloud Security Guardian、データ保護、メール保護、ネットワークおよびアプリケーションセキュリティ 2020年5月18日、Mike Vizard 現在、明らかに、多くのIT部門はビジネスのデジタル変革とセキュリティの間のジレンマに直面しています。企業は、コロナウィルス(COVID-19)パンデミックを受けて、ビジネスのデジタル変革への新しい取り組みをビジネス継続性の本格的な戦略に変えています。企業がこのような取り組みを行うには、IT部門が主にクラウドコンピューティング環境への新しいアプリケーションの導入速度を加速する必要があります。クラウドの回復力とセキュリティの両方が既存のオンプレミスのIT環境より高いことが前提です。

Blog