1. HOME
  2. Blog
  3. 技術情報
  4. CloudGen Firewall

Info.

お知らせ

CloudGen Firewall

Barracuda CloudGen Firewall ファームウェア v7.2.6 GAリリース

Barracuda CloudGen Firewall のファームウェアv7.2.6が2020年3月13日、GAリリースされました。 Barracuda CloudGen Firewall のファームウェアは、ダウンロードポータルからご利用頂けます(Barracuda Cloud Controlへのログインが必要です)。またリリースノートはBarracuda Campus、マイグレーションノートはMigration Noteよりご確認ください。

CloudGen Firewall

WEF(世界経済フォーラム)がサイバー犯罪を防止するためにISP(インターネットサービスプロバイダ)による取り組みを指揮

2020年1月27日、Mike Vizard サイバーセキュリティ部門とISPの間の関係は、良好な場合でも、常に対立しています。一方、ISPは多くの悪意のあるネットワークトラフィックを実際に防止しています。問題は、ファイアウォールで防止する必要があるマルウェアの数にから調べるに、ネットワーク境界に到達する悪意のあるトラフィックが多すぎることです。

Blog

バラクーダがガートナーの2020年のPeer InsightsでネットワークファイアウォールのCustomers’ Choiceに選ばれました(CloudGen Firewall)

トピック: Barracuda CloudGen Firewall 2020年1月22日、Mike Goldgof バラクーダがガートナーの2020年のPeer InsightsでネットワークファイアウォールのCustomers’ Choiceとして評価されたことを発表します。この評価は、ガートナーが確認したエンドユーザからのフィードバックに基づいているため、バラクーダにとって特に重要です。この確認プロセスはPeer Insightsのすべてのレビューがコンテキスト、品質、および関連性の最低基準を満たしていることを確認するものです。

Blog

Barracuda Cloud Security Guardianがパブリッククラウドのセキュリティを強化する5つの方法

トピック: Barracuda Cloud Security Guardian、Barracuda CloudGen Firewall、Microsoft Azure、ネットワークおよびアプリケーションセキュリティ、Barracuda WAF-as-a-Service 2019年12月31日、Rich Turner クラウドセキュリティに対処する場合は、クラウドワークロードを攻撃する可能性がある犯罪者およびその脅威と同様、社内のポリシーと慣習も検討する必要があります。ガートナーの分析によると、2020年までに、クラウド侵害の80%の原因は、クラウドプロバイダによる脆弱性ではなく、ユーザによる誤設定、認証情報の不適切な管理、または社内の情報の盗み出しになります。

Blog

Ringビデオシステムの侵害によるIoT(モノのインターネット)サイバーセキュリティ意識の向上 (CloudGen Firewall)

トピック: IoT(モノのインターネット)セキュリティ、ネットワークおよびアプリケーションセキュリティ 2019年12月13日、Mike Vizard サイバーセキュリティプロフェッショナルが、何らかの IoT(モノのインターネット)デバイスの導入に伴うサイバーセキュリティ攻撃の可能性について、企業にどれほど警告しても、通常、企業経営者の注目を実際に集めるには、消費者に顕著に影響する実例が必要です。

Blog

Barracuda CloudGen Firewallのファームウェアv8.0.2がGAリリースされました。

Barracuda CloudGen Firewall のファームウェアv8.0.2が2019年12月19日、GAリリースされました。 Barracuda CloudGen Firewall のファームウェアは、ダウンロードポータルからご利用頂けます(Barracuda Cloud Controlへのログインが必要です)。またリリースノートはBarracuda Campus、マイグレーションノートはMigration Noteよりご確認ください。

CloudGen Firewall

Microsoft Ignite 2019のハイライト

トピック: Barracuda CloudGen Firewall、Microsoft Azure、Barracuda Web Application Firewall 2019年11月14日、Anne Campbell バラクーダは、米国フロリダ州オーランドで1週間にわたって開催されたMicrosoft Ignite 2019を終えて、カリフォルニア州に戻りました。Igniteでは、MISA(Microsoftインテリジェントセキュリティアソシエーション)が共催した前日の日曜のMicrosoft Cybersecurity Summitから製品の発表、セッションなどまで、すべてのパートナーおよびお客様に有意義な時間を過ごしていただきました。

Blog

マルチリンクの仮想WAN(ワイドエリアネットワーク)サイトへの接続

ガートナーによると、ワークロードをクラウドで実行すると、効率が大幅に向上し、2020年までに、すべての企業ワークロードの83%がクラウドにホスティングされると予測されています。しかし、多くのクラウド移行プロジェクトは、ブランチオフィス内のユーザ向けのサービスレベルとアクセスレベルを維持するクラウドに、サービスを移行するという目標を達成していません。

Blog

Barracuda CloudGen FirewallがマイクロソフトのSIEM(セキュリティ情報イベント管理)ソリューションであるAzure Sentinelと統合

トピック: Barracuda CloudGen Firewall、Microsoft Azure、ネットワークおよびアプリケーションセキュリティ、Barracuda Web Application Firewall 2019年11月5日、Fleming Shi バラクーダはBarracuda CloudGen FirewallがAzure Sentinelと統合されたことを発表します。この密接な統合については、Azure Sentinelのデータソースの接続をご参照ください。

Blog

FBI(米国連邦捜査局)のランサムウェア警告は、ほとんどのユーザに知れ渡っている【メールセキュリティ】

2019年10月4日、Anastasia Hurley 自治体と学校の当局者ではない場合は、最近のランサムウェア攻撃について特に問題ないと感じるかもしれません。結局、犯罪者は米国内の自治体と学校だけを攻撃していると思うでしょう。しかし、FBIのIC3(米国インターネット犯罪苦情センター)は2016年以降初めて、連邦政府と地方政府だけでなく、医療業界、製造業界、および運送業界にもランサムウェア攻撃に関する重要なアラートを発行しました。このアラートは、製造業界と医療業界への最近の有名な攻撃だけでなく、連邦政府によるランサムウェア攻撃への対策が不十分であるという懸念にも応じて、発行されたと思われます。

Blog