1. HOME
  2. Blog
  3. Blog
  4. MSP(マネージドサービスプロバイダ)が2020年に注意する必要がある主要なITトレンド

Info.

お知らせ

Blog

MSP(マネージドサービスプロバイダ)が2020年に注意する必要がある主要なITトレンド

トピック: マネージドサービス

2020年1月31日、Jason Howells

IDC(International Data Corporation)の最新の調査によると、今年、世界のテクノロジ市場の規模は昨年比で3.7%の増加である5.2兆ドルに到達すると予測されています。テクノロジは職場と家庭の両方で生活のほぼすべての部分に関わっています。米国は依然としてテクノロジ市場の最大の部分(約32%)を占めていますが、世界中で発生している事件は米国に本社を置く企業のみを顧客とするMSPにも重大な影響を及ぼす可能性が高いです。

コンプティア(Computing Technology Industry Association)のIT Industry Outlook 2020によると、米国のテクノロジ市場の規模が大きい一方、テクノロジ投資のほとんどは依然としてヨーロッパ、中国などの他の地域で行われています。

MSPがビジネスを拡大し、サービス提供を改善する新しい方法を求める場合に、注意する必要がある複数の主要なトレンドは、下記のとおりです。

セキュリティ: セキュリティは、特に、攻撃がさらに頻繁で高度になっているため、依然として、ほとんどの企業にとって重大な懸念です。コンプティアによると、データの収集と分析によって、複雑性がある程度は減少し、小規模な部門が大規模な環境を管理できるため、セキュリティ分析は企業が注力することを計画している最も重要な分野です。

企業は、依然として、この分野では堅牢なセキュリティ管理と社内ポリシーを確立しようとしています。コンプティアはセキュリティが純粋に防御的な意識からテクノロジ、ポリシー、および従業員教育を組み合わせたさらに予防的なアプローチに引き続き移行することを期待しています。企業はセキュリティを社内と社外の両方のリソースを組み合わせた専用の機能と見なしているため、MSPにとっては機会が生じています。

#MSP業界の見通し:#cybersecurityは、テクノロジー、ポリシー、従業員教育を組み合わせた積極的なアプローチへの移行を継続することを期待しています。 #InfoSec #CyberSecurity #AI #IoT @Comptia

ITが、法務および会計と同様、不可欠なビジネス運営に昇格しているため、セキュリティサービスをすでに提供しているサービスプロバイダはセキュリティサービスをITと異なるものと見なし始めるでしょう。

国家が出資する攻撃: MSPは、正体不明の攻撃者集団からの新しい脅威だけでなく、国家が出資する攻撃も引き続き意識する必要があります。米国では、2020年は選挙の年です。つまり、攻撃者(国外と国内の両方)があらゆるレベルで政府のネットワークを侵害する可能性が高くなるということです。

政府、金融業界、インフラストラクチャ業界、または水道/電気/ガス業界を顧客とするMSPは、顧客を保護するだけでなく、最新の脅威について顧客を教育することにもさらに注力するでしょう。

IoTモノのインターネット: コンプティアによると、企業は、デジタル化した資産と運営からデータを収集することに価値を見いだしているため、IoTによって、現在のテクノロジの状況の永続的な部分であるクラウドコンピューティングとモバイルデバイスを結合しようとしています。IoT関連のサービスの需要は、ますます増加するでしょう。下記はコンプティアのレポートからの引用です。

現在、IoTはマネージドサービスの収益の増加を促進する最大の要因になっています。しかし、今後2年間では、企業はIoTセンサーで収集した顧客と共有するデータの分析が最も収益の増加につながると予測しています。IoT導入の最初の段階は順調に進行していますが、次の段階ではデジタルなビジネス運営を鋭く理解する必要があります。

MSPは、IoTプロジェクトを単独では管理できないことをさらに理解するように、顧客を支援できますが、MSPには、アーキテクチャレベルの包括的な視点が必要です。MSPはIoTへの取り組みに関するデータに基づく分析プラクティスの作成を支援できるトレーニングと担当者に投資する必要があります。

AI(人工知能): AIベースのソフトウェアには、従来より優れた利点がありますが、監視と管理の新しいアプローチが必要です。AIから正しい結果を出すには、AIに信頼性の高いデータを入力する必要があります。つまり、大量で高品質なデータを入力する必要があります。AIはビジネス変革の有望なテクノロジですが、AIソリューションを提供する企業はアプリケーションと必要な基本データの両方を適切に管理する方法を知っている必要があります。

多様性: テクノロジ業界はジェンダー、人種、および年齢に基づく従業員の多様性を増大する必要に迫られています。しかし、この多様性への取り組みをジェンダー、人種、および年齢にとどまらないものにする必要があります。特に、企業が求めるスキルと経験の多様性が増大した場合は、将来的に収益の増加につながる従業員の多様性も増大します。コンプティアのレポートによると、企業は、ビジネスを理解し、他の部門と緊密に協力できるテクノロジプロフェッショナルを求めています。

#MSP業界の見通し:プライバシー、データ保護、および選挙の干渉に関する懸念は、監視と規制の強化を引き続き推進します。 #InfoSec #ManagedServices @Comptia

規制の増加: テクノロジ業界は、規制がほとんどない時代に成長しましたが、プライバシー、データ保護、および選挙妨害に関する懸念によって、調査を受ける場合が多くなっています。米国の連邦議会と州議会に召喚されるテクノロジ業界の役員がますます増加しており、規制の増加の可能性が急速に最大の懸念になっています。セキュリティとプライバシーの規制がヨーロッパなどの地域でさらに厳しくなっていることは、米国企業が国外の顧客とビジネスを行う方法に影響を及ぼしています。

2020年は、すでに、テクノロジベンダにとって、刺激的であり、多くの点で魅力的な時代になろうとしています。MSPにとっては、上記のトレンドによって、新しいサービスを生み出し、収益を増加する機会が生じています。


原文はこちら:

Critical IT trends MSPs should pay attention to in 2020

January 31, 2020 Jason Howells

https://blog.barracuda.com/2020/01/31/critical-it-trends-msps-should-pay-attention-to-in-2020/

Related posts