1. HOME
  2. Blog
  3. 技術情報
  4. Backup
  5. Office 365をバックアップする必要性

Info.

お知らせ

Backup

Office 365をバックアップする必要性

Office 365はビジネスによるクラウドの使用を転換しました。ガートナーの最近のレポートによると、企業従業員の5分の1がOffice 365クラウドサービスを使用しており、Office 365がユーザ数では最も広く使用されているクラウドサービスになっています。この傾向には理由があります。金融業界が、最も高い使用率を示しており、この傾向の先頭に立っています。金融企業は、Microsoft Excelのパワーユーザであり、マイクロソフトが提供するFISC(米国外国情報活動監視裁判所)とGDPR(EU一般データ保護規則)のコンプライアンス保証を必要としています。製造業界が次に高い使用率を示しており、製造企業はOneDriveをよく使用しています。

本稿では、業界と使用事例を掘り下げることもできますが、Office 365を使用する最大の理由の一つに注目することを目的としています。Office 365は、Microsoft Exchange Server、GroupWise Serverなどより、非常に簡単で効率的に管理できます。ライセンスは随時に変更できる購入しやすいサブスクリプション方式であり、製品は、複数のプラットフォームに導入することも、クラウド内で使用することもできます。ユーザは、オフラインの場合も、Officeアプリケーションにアクセスし、ドキュメントをどこでも同期および共有できるため、オンプレミスのファイルサーバにVPN(仮想プライベートネットワーク)で接続する必要はありません。また、メールとデータをバックアップすることもできます。

しかし、本当にそう言えるでしょうか?

確かに、マイクロソフトはネイティブの保存機能と基本的なリカバリ機能を提供しているため、ミッションクリティカルなメールとドキュメントを所有していない企業は、このような機能がニーズを満たしていると考えるでしょう。Office 365に移行すると、このようなネイティブツールを使用するか、さらに堅牢なソリューションを導入するかというビジネス上の意思決定を行う必要があります。

Office 365データの保護機能を評価する場合に検討する必要がある優先事項は下記のとおりです。

  • SaaS(Software as a Service)アプリケーション内のデータ損失の約70%は、エンドユーザが過失または悪意によってデータを削除したため、発生している。このような損失に気づくまでの時間が設定した保存ポリシーより長い場合は、データをリカバリできない。マイクロソフトのSLA(サービスレベルアグリーメント)では、このような損失からユーザを保護していない。
  • Office 365管理者アカウントが乗っ取られた場合は、バックアップも損失される可能性がある。Code Spacesはデータバックアップを1社のプロバイダに依存している場合に発生する可能性がある問題の一例である。
  • マイクロソフトのデータ保存機能では、必要な設定内のファイルとアカウントをリストアできるかどうか。必要に応じてデータをバックアップしても、リストアプロセスが予想以上に困難になる可能性がある。
  • 特定の保存ポリシーと訴訟ホールドを順守する法的義務があるかどうか。ネイティブツールがこの機能を実装しているかどうか。
  • ユーザが、マルウェア、特にランサムウェアによる攻撃を受けて、過失によってデータを破損する可能性がある。ネイティブの保存機能では、この状況からリカバリすることは、困難であり、時間がかかる可能性がある。OneDriveとSharePointのバージョン管理機能は、役立つが、ストレージ割り当てには不利なため、ストレージコストが増大する可能性がある。
  • 下記のとおり、マイクロソフトは、注意を喚起しており、完全バックアップを推奨している。

マイクロソフトはサービスの動作を維持するように努めますが、すべてのオンラインサービスは中断または停止する場合があります。したがって、マイクロソフトは結果として生じる可能性があるいかなる中断と損失にも責任を負いません。サービスが停止した場合は、保存したコンテンツとデータを取得できない可能性があります。サービス上に保存したコンテンツとデータを定期的にバックアップするか、サードパーティのアプリケーションまたはサービスで保存することを推奨します。

バラクーダの最近の調査によると、調査対象の企業の40%以上が、Office 365内のミッションクリティカルなデータを保護するために、いずれのサードパーティのバックアップツールも使用していないことが判明しています。つまり、この40%以上の企業の方がデータ損失のリスクが高いということです。Barracuda Cloud-to-Cloud Backupなどのサードパーティのソリューションはメール、OneDrive、SharePointなどのOffice 365データを保護できます。

企業のデータ保護方法の詳細については、バラクーダの最新レポートClosing Backup and Recovery Gapsをダウンロードしてください。Office 365環境向けのバラクーダソリューションを30日間、無料で評価するには、バラクーダのWebサイトにアクセスしてください。

 

原文はこちら

May 14, 2019 By Anastasia Hurley

Do you need to backup Office 365?

https://blog.barracuda.com/2019/05/14/do-you-need-to-backup-office-365/

Related posts