1. HOME
  2. Blog
  3. Blog
  4. 今こそインターネットを変革する時期

Info.

お知らせ

Blog

今こそインターネットを変革する時期

2019年12月2日、Mike Vizard

11月30日土曜は、毎年土曜日に定められている Computer Security Day でした。実際にはサイバーセキュリティ意識向上に注力する日として定められているこの日とその他すべての日も含めて、多くの人々は直面するリスクについて十分に意識しています。

2019 Unisys Security Index(ユニシスが作成した世界中の消費者の懸念に関するレポート)によると、世界中の消費者の約3分の2(63%)はウィルスとハッキングの脅威を深刻に懸念しており、半数以上(57%)はハッキングまたはセキュリティ侵害を受けるリスクを深刻に懸念しています。

米国人の約3分の2(63%)は個人情報の盗み出しと悪用の可能性を深刻に懸念しています。

調査:世界の消費者の57%が、オンライン中にセキュリティが侵害されるリスクについて非常に懸念しています。 米国の消費者の63%が #個人情報の盗難 を心配している 〜@MVizard

一般的な人々が取り組んでいる問題はサイバーセキュリティに対する無力感です。当然ながら、米国人の70%は、データ、アプリケーション、およびデバイスが増加しているため、今こそインターネットをセキュリティと管理が向上したものに変革する時期であると考えています。世界中の消費者の3分の1は、この考えを強く支持しています。

もちろん、インターネットを変革する方法をわかっている世界中の消費者は、ほとんどいません。しかし、大統領選挙が近づいている今こそ次の大きな「ロケットを打ち上げる」時期かもしれません。セキュリティ侵害による損害は、すでに数兆ドルになっています。インターネットに関するサイバーセキュリティ上の主要な問題は、基礎となるプロトコルが、接続するすべてのシステムを信頼できることを前提としていることです。インターネットの基礎の構築を支援した技術者の一人であり、Worldwide Web Foundationの共同設立者であるティム・バーナーズ=リーも、今こそ変革の時期であると述べています。

調査:データやアプリ、デバイスが増加していることを考えると、アメリカ人の70%が、より安全な新しいインターネットの構築を求めています。〜@MVizard #InfoSec

今週、バーナーズ=リーは Contract for the Webの必要性を繰り返し述べました。この提案は、インターネットを保護するために、ヘイトスピーチ、データプライバシー、政治的操作から少数の企業の間のインターネットの中央集権までのすべてに対処する9つの主要な原則に基づいています。現在、Facebook、Microsoft、Googleなどの160以上の企業が、この提案を支持しています。

経験豊富で冷ややかな多くのサイバーセキュリティプロフェッショナルは、この理想主義的な提案を嘲笑するかもしれません。ご存じのとおり、現在のインターネットはサイバーセキュリティプロフェッショナルが修復できないほどの損害を受けています。実際、世界中の多くの政府も、そのように考えています。しかし、希望は永遠に湧き出ます。気候変動に対処する方法を求めて集結する若者と同様、インターネットの変革を推進するために、理想主義を結集できます。現在、若者の多くは、現状を受け入れるのではなく、変化に抵抗する人々に、冷ややかに「ハイハイ(OK Boomer)」という反応を示しています。

この提案から何かが生まれるかを断定するには早すぎます。しかし、当然ながら、大統領候補は選挙の争点としてサイバーセキュリティに注目しています。情報がインターネットに漏洩すればするほど、人々は何かが根本的に間違っていることをますます意識するようになります。‏大統領候補が 2025年までにインターネットを変革するための複数年にわたる取り組みへの資金提供を約束することが、投票に無関心な人々を最終的に地元の投票所に向かわせるかもしれません。


原文はこちら:

OK boomer, time to fix the internet once and for all

December 2, 2019 Mike Vizard

https://blog.barracuda.com/2019/12/02/ok-boomer-time-to-fix-the-internet-once-and-for-all/

Related posts